編集と営業(2009年9月24日)


有志舎は、経理以外のすべての仕事を私(永滝稔)が一人でやっているため、
他の出版社との様々な会合にも全部私が出ていくことになります。
大体大きく分けて、編集者同士の集まりと営業関係者の集まりの2種類の会合があるわけですが、
ここのところ営業関係の集まりに出ていて「体感」したのが、営業担当と編集担当の出版に対する考え方の違いです。
最初に誤解のないように言っておきますが、どちらが良い・悪いということではないのです。思考が全く違うのです。
私が編集出身であり、今でもあまり営業・販売の業界ルールや慣習に詳しくないということもあるのですが、
「へえ、営業の人は、出版や本をこういうふうに考えているのか」と今さらながら感じることが多いのです。

基本的に、
営業は、出版を純粋にビジネスと考えていて、どうやってこの商品を売ろうか、
どうすれば明確な利益構造が確立できるか、そのためにはどうやってスムーズに本という現物を流通に乗せるか、
そのための経費は・・・という事を考えて仕事を進めます。
これは当たり前のことで、営業はそうでなくてはなりません。
でも、編集の人間は、なかなか割り切れないというのが正直なところなのではないでしょうか。

出版関係(それも営業関係)の方々以外は取次会社(販売会社とも言います)というものに行ったことがないと思うのですが、
新刊は配本一週間くらい前に「見本」として少部数ができてきて、そのうちの何部かを取次(トーハン・日販など)という
本の問屋のようなところに持っていきます(分業化されている会社では、営業が持っていきますが、
うちでは当然私の仕事です)。その取次から全国の書店に本が配送されていくのですが、
この取次という業種は売上の決済機能も兼ねていて、書店での売上を出版社にまで流す役割も持っています。

それで、出版社がその取次に「見本」を持っていったときに初めて商品として正式に登録される訳ですが、
取次においては、その本を著者がどんな思いで書いたかとか、何十年の研究の結晶だとか、
そういうことは一顧だにされず、単なる商品としてだけ扱われます。
そして実にスムーズに受け渡されていくわけですが、それはそれはシステマチックです。
もちろん、毎日膨大な量の新刊が出されるので、取次の人がいちいち「この本はどんな本なんですか」なんていうことを
本気で聞いていたら(聞いてくれる取次も少数ありますが)、とても処理しきれないでしょうから、やむをえない事です。
それは分かっているんです。でも・・・、と編集者出身の人間は思ってしまうのです。
「こういう物理的処理を受けているのを著者が見たらショックを受けるだろうなあ」
とその著者の顔が毎回頭に浮かびます。
もっとも、著者と同様に、大半の編集者も自分のつくった本がどのように扱われて流通に乗っていくのか、
その現場を見たことはないと思います。私も初めて取次でその過程を見たときはショックを受けました。
「彼らにとって、私がそれなりの思いを込めてつくった本は、ここでは膨大に処理すべき物体のひとつに過ぎないんだ」
という現実に直面したからです。
でも、繰り返しになりますが、それを悪いことだとは一概にいえません。スムーズに大量の商品を流通させるためには、
「物体」として処理する事が必要なのだということはよく分かるからです。

同様に、優秀な営業関係の方々の思考方法(思考方向)は、一直線に読者・書店を向いています。
そのためにいかにして読者・書店に本をスムーズに届けてたくさん売り、確実に利益を回収するか、
企業として明確な収益構造をいかにして確立させるか、ということに全力でのぞみます。
もちろん、利益が出ないと出版社は倒産してしまうので、これは当然のことです。
でも、出版に純粋なビジネスとして臨んでいる営業の人と、一種の社会運動として臨んでいる私のような編集の人間との間には
完全に理解し合えない溝があることを、体感しています。
もちろん、以前勤務していた出版社でも編集と営業の対立はありましたし、どこの出版社でもあるのだと思いますが、
私の場合は、一人格の中に編集と営業を同居させねばならないので、引き裂かれるようでとても困ります。
まあ、解決方法などないのかもしれませんから、これからも右往左往しながらやっていくしかないのだと思います。
本は売れなきゃ会社は苦しくなるし、次の本は出せなくなるし、自分の生活も苦しくなるし・・・。
でも、それだけでやってたら、面白くないなあ。
別にビジネスをしたいから出版社を始めたわけじゃないし、経営者になりたかったわけでもないし。
単なるビジネスではなく、良い本を出し、それを読者に読んでもらって社会を改良していくという思いこそが私のやりがいなのです。
でも、多くの読者に読んでもらうためには、現状の流通・販売状況を把握した営業戦略は欠かせない・・・。
大半の編集者は販売・流通の現場も知らずに、理想論ばかり振り回してしまっているのでは?
こんな堂々巡りの思考に入ってしまいます。
まあ、つきなみですが両極端に走らず、バランスをとってやっていくしかないのかもしれません。

それにしても、弊社だけではなく、どの学術出版社も、昨年後半以降、急激に売れ行きが落ちてきているようです。
問題は、どうもこれは単なる一過性の不況によるものではなく、構造的なものに思えることです。
一方で、テレビなどでは歴史好きの若い女性が増えているといって、それを「歴女(れきじょ)」などと言っていますが、
その人たちの多くが初心者向けのムックや小説だけを読んで蘊蓄を語っている(小説上の創作や史料に基づかない俗説を
史実と思いこんで得意げに話していた)のをテレビで見て、ガッカリしました。
ぜひともこれが一過性のブームに終わることなく、「歴女」の皆さんのなかから数パーセントでも、学術書を読んで、
本当の歴史を学びたいという人が出てきてくれることを願います。

そうやって学術書が売れてくれるようになれば、私の人格が編集と営業で引き裂かれるのも少しは改善するかな、
とも思っているのですが・・・。